九州・山口キラリ☆ハッケン

関門港湾建設株式会社[山口県]

1918年に下関で生まれ、関門海峡という急潮流で硬い海底地盤、更に国際航路としての厳しい施工規格のなかで育てられた地場企業です。近年は海外でも活動しています。

  • 2142_ext_01_0.png
  • 2142_ext_01_1.png
  • 2142_ext_01_2.png

■企業紹介

大型特殊作業船(グラブ浚渫船、揚土船、プレミックス船)を保有し、関西国際空港、中部国際空港、瀬戸大橋工事、明石大橋工事等、数多くの大型海洋プロジェクトに参画してきました。震災復旧のための福島第一原発前面岸壁の海底被覆工事や釜石港防波堤撤去工事に携わるとともに、近年では海外工事にも取り組んでいます。トルコイスタンブールのボスポラス海峡横断鉄道トンネル工事、シンガポールパシルパンジャンターミナル埋立工事にも参画しました。現在もシンガポールツアスターミナル埋立工事を施工中です。
地元下関を拠点に、今年創業100周年を迎える会社です。

■企業情報

会社名
関門港湾建設株式会社
主な事業
港湾建設業(海洋土木)
事業内容
急潮流、岩盤・硬土盤という厳しい条件の関門海峡で培った浚渫(しゅんせつ)技術をもとに、国内外の大型プロジェクトに参画しています。浚渫、埋立などを主業としています。
資本金
2億円
従業員数
170名
売上高
約40億円
設立年月日
昭和26年12月24日
代表者
代表取締役社長 清原 生郎
本社所在地
〒750-0017 山口県下関市細江新町3番54号
ホームページURL
http://www.kanmon-const.co.jp

■インターンシップ情報

必要なスキル
土木系工学部学生限定
インターンシップ生に望むこと
建設業の中でも特殊な海洋土木を主業としています。
東日本大震災の復旧工事にも従事しています。興味のある方、お待ちしております。
研修場所
■住所:〒750-0017 山口県下関市細江新町3番54号
■研修先部署名等:工事部
■最寄駅:JR「下関」駅
■交通手段:最寄駅から徒歩7分
実施期間、日数等
■実施期間:7/30~9/14
■実施日数:5日間
■実施不可日:8/13~8/17
■休日:土曜日・日曜日・祝日
■実施時間:8:00~17:00(休憩12:00~13:00)
※具体的な日程については、受入決定後に個別に協議の上決定します。
研修内容
【海洋土木について知ろう】
・会社概要説明
・現場見学
・大型特殊作業船(グラブ浚渫船、揚土船、プレミックス船)の見学
備考
服装:作業服・作業靴貸与有

参加希望の方は、まず説明会にご参加ください。
インターンシップ参加までの流れや受入企業情報など、詳しい説明を説明会でご確認いただけます。
※インターンシップ受入先企業の希望はうかがいますが、指定はお受けできません。 事前説明会や申込後の個別相談等で希望をおうかがいし、運営事務局が皆さんと企業のマッチングを行います。 掲載されている企業へ直接申し込みやお問合せはできませんので、ご了承ください。