地域情報・移住者と企業 経営者インタビュー

九州・山口8県の魅力を、各県の特徴、産業・仕事、暮らしを切り口に紹介しています。 興味がある下記県名をクリックすれば、その地域の情報を見ることができます。 地域での就職や生活に役立つ情報が満載ですので、より理解を深めたい方は必見です。是非ご活用ください。

九州・山口8県の魅力紹介 福岡県編

○福岡県の特徴

  • 福岡県の特徴
  • 福岡県の名産品・特産品
福岡県は九州東部に位置し、人口は全国9位の510万人。九州及びアジアの玄関口で、陸・海・空の交通機関がとても充実しています。食文化は特徴的で、もつ鍋、水炊き、豚骨ラーメンなどご当地グルメが豊富にあり、屋台の店舗数は日本一。特に福岡市内中洲の屋台群はご存じの方も多いはず。県内にはプロ野球チームの「福岡ソフトバンクホークス」のほか、サッカー、バスケットボール、ラグビーのプロチームがあり、学問の神様・菅原道真公が祭られた太宰府天満宮があり、そして日本三大祇園祭の「博多祇園山笠」をはじめ、多くのお祭りが開催されるなど、地元の方のみならず、年間を通じて多くの観光客で賑わいを見せています。

○福岡県で働くこと

福岡県で働くこと
県内の産業構造は、卸売・小売業やサービス業などの発達が特徴で、卸売業の年間販売額は全国第4位、九州全体の58.2%を占めています。工業は近年、自動車関連産業等の加工組立型産業の立地が進み、また農林業も盛んで、米の「夢つくし」、「元気つくし」、いちごの「あまおう」、「博多万能ねぎ」など全国に誇れる農産物が数多くあります。ちなみにタケノコ生産量は全国1位です。

○福岡県での暮らし

福岡県での暮らし
英情報誌「MONOCLE(モノクル)」発表の、「世界でもっとも暮らしやすい25都市(2014年版)」で、福岡は10位にランクイン。バス、JR、西鉄、地下鉄(福岡市)、モノレール(北九州市)など日常の公共交通機関が充実し、通勤・通学、買い物での移動は、快適でとても便利です。またハイキングやキャンプなどに適した渓谷や山々が多くあり、都会と豊かな自然が近く、暮らしやすさはピカイチです。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 佐賀県編

○佐賀県の特徴

  • 佐賀県の特徴
  • 佐賀県の名産品・特産品
佐賀県は九州の高速道路や鉄道の、縦ライン(福岡~鹿児島)と横ライン(大分~長崎)が交差する交通の要衝として地理的に優れた特性があります。近年、九州新幹線の開業により、ますます便利になり、産業活動や人々の交流がより盛んになることが期待されています。
また、玄界灘と有明海の2つの海に面する佐賀県。起伏が少なく見晴の良い佐賀平野、玄界灘の荒波がつくりだした海食洞「七ツ釜」や日本三大松原のひとつで約100万本の松林が5kmにわたって続く白砂青松の「虹の松原」など広大な平野と自然に恵まれているだけでなく、有明海産の日本一の佐賀海苔や玄界灘でとれる呼子のイカ、国産和牛の最高峰「佐賀牛」、全国トップレベルの出荷高を誇るタマネギ、レンコン、ハウスみかんなど自然が運ぶ食の至宝が満載です。
さらに、このような佐賀県の素晴らしい地域資源と企業やブランドがコラボレーションすることで話題性のある新商品やイベントを生み出す情報発信プロジェクト「サガプライズ!」にも取り組み、たくさんの人に佐賀県の魅力を発信しています。

○佐賀県で働くこと

佐賀県で働くこと
幕末の佐賀藩は、西洋の進んだ技術をいち早く取り入れ、人材の育成に力を注ぐとともに、製鉄、蒸気機関などの最先端技術を研究し、日本の近代化をリードしてきました。後に、日本が、「ものづくり大国」となる基礎をつくった歴史がある佐賀県には「ものづくり」の伝統が息づいています。この伝統を次の世代に引き継いでいくため、ものづくり人材の育成、技術開発と技能の継承、ものづくりを再評価する取り組みなどを行うなど、産業で最も比重の大きい製造業に加えて一芸に秀でたキラリと光る企業が特徴です。

○佐賀県での暮らし

佐賀県での暮らし
佐賀県は、豊かな自然に恵まれた住環境があり、お隣の福岡都市圏が通勤・通学圏にあるなど、“自然と都会のいいとこどり”できるのが魅力です。「唐津焼の窯をひらく」、「古民家で家具ギャラリーを始める」など、佐賀県に住む目的は様々。みんなが笑顔になれる、みんなが惹かれる、魅力があります。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 長崎県編

○長崎県の特徴

  • 長崎県の特徴
  • 長崎県の名産品・特産品
九州の北西部に位置する長崎県。対馬、壱岐、五島などの島々が多く、その数は594とも言われています。湾や入江が多いため、豊かな自然と美しい景観に恵まれ、また漁場としても盛んです。坂の街長崎と言われることでも有名で、陸地は起伏に富んでいます。歴史的に鎖国時代、唯一開かれた港として栄え、ポルトガル、オランダをはじめとした様々な風俗文化、宗教などが入ってきた地域。カステラ、長崎ちゃんぽん、佐世保バーガーなどの名物グルメや、ハウステンボス、軍艦島などの観光スポットなどが多数存在します。独特の文化で発展してきたからこそ、祭りや伝統行事、人の気質にも色濃く反映し、現在の長崎県の魅力となっています。

○長崎県で働くこと

長崎県で働くこと
世界遺産に決定した「明治日本の産業革命遺産」にも代表されるように、本県には造船関連産業から発した高度な加工組立や浮体構造などの技術があり、近年はこれらの技術と海洋県の特徴を活かした「海洋再生可能エネルギー産業」にも力を入れています。また、広大で豊かな海や変化に富んだ地形を活かした「農林水産業」、さらには海外との交流によって育まれた独特の歴史や文化を活用した「観光産業」も盛んです。

○長崎県での暮らし

長崎県での暮らし
三方を囲む海、数多くの島々、延々と連なる山々と、年平均気温は全国平均より2.2℃高い、穏やかな気候は長崎の魅力そのもの。県民にも人気の観光地が多いので、レジャーを楽しめるのもポイント。「田舎暮らし」「スローライフ」を求め、自分らしい暮らしをするにはもってこいです。美しい自然、豊かな歴史、異国情緒あふれる街並み、ゆっくりとした時間が長崎には流れています。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 熊本県編

○熊本県の特徴

  • 熊本県の特徴
  • 熊本県の名産品・特産品
日本三名城の一つ熊本城をはじめ、くまモン、馬刺(さくら肉)、辛子蓮根などで有名な熊本県は、九州地方のほぼ中央に位置し、北部は比較的緩やかな山地、東から南にかけては標高1,000メートル級の山々に囲まれており、その随所に深い谷があり、見事な渓谷美を見せています。西部は有明海、八代海に面し、外洋の東シナ海に続いています。ほかにも世界に誇るカルデラを持つ阿蘇を含む「阿蘇くじゅう国立公園」、大小120 の島々からなる「雲仙天草国立公園」を持ち、山あり海ありの、美しい景観がそこにあります。「火の国」とも呼ばれる熊本には100カ所を越える温泉地があり、また、天草四郎や隠れキリシタンに物語られるキリスト教文化、人吉・球磨地域の仏教文化など、多彩な魅力が存在します。

○熊本県で働くこと

熊本県で働くこと
熊本県は全国6位の農業産出額を誇る全国有数の農業県で、また、水産業も盛んです。近年、半導体や自動車関連産業を中心に積極的な企業誘致を進めてきたこともあり、半導体製造および半導体製造装置や自動車関連の企業が集積しているのが産業の特徴です。さらに最近では太陽光等の自然エネルギー資源を生かした新エネルギーや県産農産物を活用した食品産業の振興にも県として重点的に取り組んでいます。
また、熊本地震からの創造的復興に県・市町村・民間が一丸となり「チーム熊本」として取り組むなか、復興に携わる優秀な若い人材が求められています。

○熊本県での暮らし

熊本県での暮らし
熊本は水が豊富で、環境庁選定の「名水百選」に県内から4ヵ所も選ばれています。人口74万人の熊本市の上水道を流れる水も、ほぼ100%地下水でまかなわれており、全国でも非常に珍しいケースです。全国でもトップクラス農産物や有明海などで水揚げされた新鮮な魚など安全安心な食べ物も魅力。自然と都市がほどよく調和した熊本県は、住みやすいところです。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 大分県編

○大分県の特徴

  • 大分県の特徴
  • 大分県の名産品・特産品
九州の北東部に位置し、県内には別府温泉や由布院温泉など、全国的にも有名な温泉地があり、 “源泉数・湧出量ともに日本一”と、まさに「おんせん県」。特に別府の「地獄めぐり」は有名です。また「九州の屋根」と呼ばれるくじゅう連山をはじめ、由布・鶴見・祖母・傾など、名山が連なっており、登山客にも大人気。天然自然が豊かな大分県には、カボスの生産量、乾しいたけ生産量、再生可能エネルギー自給率、石灰石生産量など様々な日本一があり、特に、七島イ(カヤツリグサ科という植物で、畳の材料)の生産量は全国で100%のシェアを誇っています。

○大分県で働くこと

大分県で働くこと
大分県内の産業は、卸売・小売業や医療・福祉などの第3次産業の就業者が多く、次いで製造業や建設業の第2次産業、農業を中心とした第1次産業の順番となっています。鉄鋼、石油、化学、半導体、機械、自動車、医療機器など幅広い産業がバランスよく立地しています。また、新エネルギー、医療機器、食品産業の支援に加え、地元中小企業と進出企業がともに発展できるよう、産業の活性化と新たな企業創出に取り組んでいます。

○大分県での暮らし

大分県での暮らし
豊かな自然と多彩な風土に恵まれ、それぞれの地域が異なる魅力にあふれています。東九州の中核都市として教育・医療・文化施設も充実しており、今年4月には、JR大分駅ビル「アミュプラザおおいた」も開業し、新たな賑わいがうまれています。自然と都市の良さを兼ね備えた美しいおんせん県おおいた、住みやすいことこの上なしです。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 宮崎県編

○宮崎県の特徴

  • 宮崎県の特徴
  • 宮崎県の名産品・特産品
九州の南東部に位置する宮崎県は、全国でも非常に温暖な地域です。県木のフェニックス(ヤシの木)に代表されるように、南国情緒あふれる気候で、春季のプロ野球・サッカーなどのキャンプ地として有名です。 温暖な気候を利用した農業が盛んで、きゅうりやピーマン、椎茸、マンゴーといった野菜・果物などが多く栽培されています。特に宮崎のマンゴー「太陽のたまご」はメディアでも多く取り上げられ、全国的ブームになり、今なお根強い人気を誇ります。一方で、牛・豚・鶏いずれも日本有数の生産高を誇り、特に宮崎地鶏、宮崎牛は県ブランドとして確立しています。その他、肉巻おにぎりや、きんかん、日向夏など宮崎県には数々の名産があります。

○宮崎県で働くこと

宮崎県で働くこと
県北の延岡市は旭化成発祥の地であり、戦前より九州山地の水資源を活かした水力発電を利用し近代産業化を推し進めてきました。現在も宮崎県の恵まれた地域資源を活かして、新エネルギー導入促進や、医療・電子の先進分野に力を入れています。大分県とともに東九州地域に、医療機器産業の拠点を整備する東九州メディカルバレー構想にも注目が集まっています。

○宮崎県での暮らし

宮崎県での暮らし
通勤・通学時間が「日本一短い」と言われている宮崎県は、一年を通じて温暖な気候で、平均気温、日照時間、快晴日数が全国トップクラス。まさに「日本のひなた宮崎県」というキャッチフレーズがピッタリです。す。暖かく、海のイメージがありますが、実は冬には雪が降る所もあります。五ヶ瀬町には日本最南端のスキー場があり、シーズンにはスキーやスノーボードを楽しむこともできますよ。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 鹿児島県編

○鹿児島県の特徴

  • 鹿児島県の特徴
  • 鹿児島県の名産品・特産品
約9,188平方キロメートルという広大な総面積を持つ県、鹿児島は九州の南部に位置し、2,643キロメートルの長い海岸線を持ちます。総面積の約28%は、日本で初めて世界自然遺産に登録された屋久島や奄美群島をはじめ、特色ある多くの離島で、一番南に位置する与論島も有名です。また旧集成館機械工場、旧鹿児島紡績所技師館、祇園之洲砲台跡など様々な近代化遺産があります。日本有数の畜産県であり、黒毛和牛、ブロイラーの飼養数はいずれもトップクラス。豚の飼養頭数は全国1位で、「歯切れがよい,柔らかい,うまみがある」と評判のかごしま黒豚は全国に知られています。またブリ類の養殖が盛んで全国シェアの23%を占めています。

○鹿児島県で働くこと

鹿児島県で働くこと
鹿児島県の産業は、食産業・畜産業・水産業などが発達しているのが特徴です。地域の経済を支える主な産業として農業に力を入れており、田畑の整備や、消費者や市場に評価・信頼される産地づくり、安心・安全な食の供給などの取組を積極的に進めています。また、昔ながらの工芸が盛んで、本場大島紬、川辺仏壇、薩摩焼は経済産業大臣の指定を受けた伝統的工芸品として昔から愛されてきました。

○鹿児島県での暮らし

鹿児島県での暮らし
さつまいも、地鶏の刺身、カツオ、さつまあげ、キビナゴ、ソラマメなど美味しいものが多数。温泉源線数が多く、知る人ぞ知る日本屈指の温泉県として、県民の暮らしに温泉は無くてはならないものとなっています。「風呂入け行っが(ふろいけいっが)」(銭湯に行こう)は、温泉好きの鹿児島県民の間で交わされる言葉。鹿児島に根付くこの温泉文化はまるで鹿児島県民の暖かい人柄を物語るようです。

関連参考サイト

九州・山口8県の魅力紹介 山口県編

○山口県の特徴

  • 山口県の特徴
  • 山口県の名産品・特産品
山口県は三方を海に開かれ、約1,500kmに及ぶ長い海岸線を持つ海は、穏やかな瀬戸内海と、荒々しい浸食海岸美の日本海という異なった表情を見せてくれます。東洋屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」、エメラルドに輝く海「角島」、日本最大のカルスト台地「秋吉台」を始め、豊かな自然に恵まれたスポットが溢れています。今や、全国に1,000以上を数える「道の駅」。 そのルーツになったと言われる場所が山口県の阿武町にあったり、50ケ所以上の温泉があったりと、知られざる魅力は多数。また有名な「ふぐ」はもちろん、「あまだい」や「はも」をはじめ、水揚量全国5位以上はなんと12魚種。「あんこう」の水揚げNo.1は実は下関なのです。

○山口県で働くこと

山口県で働くこと
海に囲まれる山口は、古くから農林水産業が栄えている一方で、近年は第2次産業の割合が大きなウエイトを占める「工業県」でもあります。主に瀬戸内海側の沿岸部に多くの重化学工業企業が集中し、多くの雇用が見込める産業となっています。また多くの金融系企業が下関市内に集積しているのも特徴的です。

○山口県での暮らし

山口県での暮らし
山口には海も、山も、美味しい食もある暮らしが待っています。車で走れば簡単に街に出かけられますので、ショッピング、娯楽等を楽しむこともできますよ。山口県には50ケ所以上の温泉がありますから、週末ゆっくり温泉巡りもいいですね。「みんなで子育て応援山口県」をスローガンに、子育て環境が充実しているのも魅力のひとつです。

関連参考サイト