九州・山口キラリ☆ハッケン

さらに興味が湧いた専門性の高いプログラミング体験

インターンシップ参加者名:R・S(東京大学修1年/福岡県出身)

■企業情報

会社名
株式会社ワイズ・リーディング
主な事業
医療機関向け遠隔画像診断事業、健診施設向け遠隔画像診断事業、医用コンサルタント事業、医療向けソフトウェア開発
事業内容
ワイズ・リーディングはCT,MRIなどの画像診断検査装置を有する医療機関よりネットワークを利用して画像を送信してもらい、遠隔地の放射線科医が診断する「遠隔画像診断事業」を行っています。

また、自社内に開発チームを設け、平成27年には、AI技術の医療への活用を加速していくため、「人工知能研究所」を開設しました。そして、人工知能を搭載したレポート作成支援システム「Y’s CHAIN」や患者の院内見守りシステム「Y’s Keeper」など、医療現場で役立つさまざまなシステムを開発・提供しています。今後も医療×IT技術を活用したさまざまな事業展開をしていきます
資本金
2,050万円
従業員数
20名
設立年月日
2007年7月
代表者
中山 善晴
本社所在地
熊本県熊本市北区飛田3丁目10-21
ホームページURL
http://www.ysreading.co.jp/
インターンシップ プログラム内容
【ソフトウェア開発業務/医用レポートの文字校正業務】
■ソフトウェア開発事業
・要件定義
・設計
・プログラミング
・運用テスト

■遠隔画像診断事業
・業務内容説明
・校正業務
・報告書作成

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
熊本の企業を知る

1日目

実施内容 感想
会社説明
熊本機能病院見学
テーマ決め
ミーティング参加
環境構築等
病院見学では実際に勤務されている技師の方の詳しいお話を伺い、医療系IT企業として実際の現場を知ることができる強みを理解することができました。

2日目

実施内容 感想
朝礼・タスク共有
AIチュートリアル
犬猫画像の判別
顔検出誤りの判別
今回取りくむテーマへの導入として、非常に良い題材を用意していただき、スムーズに実習を進めることができました。

3日目

実施内容 感想
朝礼・タスク共有
学習・検証用データセットの作成
評価用データセットの増強
実験・考察
学術研究ではよく整備されたデータセットで学習・評価することが多いのですが、そのモデルを用いて製品を作る際には十分な質・量のデータを用意する難しさが大きな問題になることを実感しました。

4日目

実施内容 感想
朝礼・タスク共有
画素値の正規化
転移学習
プログラミングの作業ができるのは今日までですが、まだまだ続けていきたいほど面白いテーマでした。

5日目

実施内容 感想
朝礼・タスク共有
資料作成
成果報告
一週間の成果を社員の皆さんへ上手く伝えることができ、よかったです。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

とても充実した5日間でした。今後は今回学んだ転移学習などの技術を自分の研究に活かしていきたいと思います。

後輩へのひとこと

地方の企業を知らずに東京の大企業に就職してしまうのは、もったいないと思います。

受入企業からのメッセージ

一週間、弊社の課題に取り組んでいただき、成果として重要な知見を示していただきました。一週間ありがとうございました。