九州・山口キラリ☆ハッケン

蔵人の想いを知った、忘れられない4日間

インターンシップ参加者名:K・T(日本大学3年/静岡県出身)

■企業情報

会社名
株式会社喜多屋
主な事業
酒類製造業
事業内容
清酒・焼酎・酒みりん製造販売
資本金
2,000万円
従業員数
55名
売上高
13億7,000万円
設立年月日
昭和26年1月10日
代表者
木下 宏太郎
本社所在地
福岡県八女市本町374番地
ホームページURL
http://www.kitaya.co.jp
インターンシップ プログラム内容
【清酒ができるまで】
清酒の製造工程を工程に沿って体験する

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
福岡の人々のあたたかさにふれながら、社会のマナーを学び、社会人になるこれからの自分に糧となるような経験をし、成長したい。

1日目

実施内容 感想
酒造レクチャー
きき酒
洗米
酒母冷却
随時 分析
酒造りの工程を学ばせてただいたことや、きき酒をさせていただいたことで、お酒への理解が深まりました。難しい言葉ばかりで戸惑いもありましたが、1つ1つの工程を通して、長い時間をかけることで1つのお酒が完成していると感じ、感銘を受けました。

2日目

実施内容 感想
水こうじ
クジワラ引き込み、盛り、掛米
分析、ろ紙作りなど
酒造りの肝であるこうじ作りを体験させていただいたことで1つ1つちみつにやっているんだなと感じることができました。また、自分の担当だけでなく、まわりを見ることの大切さや、心がけることの必要性を学ばせていただきました。

3日目

実施内容 感想
分析
掛米
社長さんからのレクチャー
掛米という作業の際、誤って足を踏みはずし、転倒してしまい大変申し訳なかったです。また社長のお話を聞き、今までになかった新たな視野が広がりました。目指す目標の設定の仕方や、自分を追い込みすぎないことなど、たくさん学ばせていただけることがあり、とても有意義な時間でした。

4日目

実施内容 感想
山廃仕込
こうじ
洗米
山廃おろし
酒造りは自分が思っていた以上に作業工程があり、蔵人さんたちが1つ1つの工程に思いをこめ、いろいろなお酒を作られていると感じました。力仕事も多く、筋トレされていたり、作業の必要に応じて泊り込みで働かれていたりと、驚かされる部分も多くありました。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

私は福岡が好きで、地域の特産品に興味があり、このインターンシップに参加させていただきました。今回のインターンシップを通して、視野が広がり、考え方も少し変化し、かけがえのない4日間となりました。また、酒への理解も深まり、蔵人さんを含めたすべてのみなさんが、1つ1つ丁寧に思いを込めて作っているからこそ、美味しいお酒ができていると感じました。また八女の人の温かさや、きれいな街並みにふれることができました。この体験は忘れられないと思います。4日間ありがとうございました。

後輩へのひとこと

視野も広がり、かけがえのない体験になること間違いありません!ぜひ積極的に参加するべきだと思います!

受入企業からのメッセージ

明るく真面目に取り組んでくれていたので、好感が持てて良い印象です。今後の彼女の人生が素晴らしいものになってくれると良いです。喜多屋でのインターンシップありがとうございました。