九州・山口キラリ☆ハッケン

熊本の人のあたたかさを感じ、Iターンを真剣に考えるようになった

インターンシップ参加者名:K・N(明治大学2年/東京都出身)

■企業情報

会社名
熊本駅前ビル株式会社(ザ・ニューホテル熊本)
主な事業
サービス業
事業内容
ホテル業(宿泊・レストラン・宴会・婚礼)
資本金
1億円
従業員数
175名
売上高
17億
設立年月日
1986年3月
代表者
添島 安治
本社所在地
熊本市西区春日1丁目13番1号
ホームページURL
http://www.thenewkumamoto.jp
インターンシップ プログラム内容
【レストランサービス 又は フロントサービス・客室補助】
レストランサービス(料理の配膳、下膳、営業前の準備)
又は フロントサービス(ロビーアテンド)・客室補助(客室清掃・備品補充等の補助)

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
実習を通して熊本県や熊本県にある企業について理解し、東京と熊本を比較しそれぞれの長所や短所について考えを深める。地元から離れた地で1人でインターンシップをやり抜くことで自分に自信をつける。

1日目

実施内容 感想
1階から5階までの見学
客室準備
フロントでのお出迎え・客室までの案内
緊張していたが、スタッフの皆さんが優しく丁寧に対応してくださったので楽しんで実習できた。直接関わりのないスタッフの方々も困っていると皆さん声をかけてくださり嬉しかった。ホテルというと落ち着いていて物静かなイメージがあったが、常に頭も身体も使い続けるとてもハードな仕事だということが分かった。特に客室準備の方はお客様が快適に過ごせるようにほんの少しの汚れさえも見逃さず常に多くのことに気を配りながら、ホテル中を駆け回っていてすごいと思った。

2日目

実施内容 感想
朝礼
客室準備
フロントでのパンフレット作成
ホテルを予約するコールセンター、客室の準備、お客様のお出迎えとお部屋へのご案内と一連の流れを見学・体験することができて多くの人達や部署の連携によってホテルが成り立っているのだといことを実感した。客室担当のスタッフの方もフロントスタッフの方もPHSを使い頻繁に多方面と連絡を取っている姿が印象的だった。多くの業務があっても動きに無駄がなく、スピーディーなのはこのようにしっかりと連携ができているからなのだろうなと思った。

3日目

実施内容 感想
朝食後の片付け・清掃
ランチビュッフェの皿片付け、枕拭き
ナフキン折り
何となく学生気分であくまでインターンシップであるという心構えでスタッフの方を遠く上の存在であるように思っていたが、実際に年齢を尋ねると、あるスタッフの方は18歳だった。私より年下にも関わらず仕事をてきぱきとこなしていて、感銘を受けた。また高校卒業の段階で自分の将来を決めたこともとても尊敬する。私も自分の将来や仕事について現実的に考えなければならないと痛感した。

4日目

実施内容 感想
ランチの皿の下膳
清掃
ディナーの後片付け
やはりお客様と直に触れ合うと緊張するなと思った。前日の目標におどおどしないようにしたいと書いたが、お客様を目の前にすると動揺してしまった。お客様にもスタッフの方にも迷惑をかけてしまったので反省した。またこちらのスタッフさんたちはみんなが仲良くしていて部署も上下関係も気にせずたわいもない話をしていたのが印象的だった。この家族のような関係性が良いサービスを生み出すのだろうなと思った。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

今回のインターンシップを通して、ホテルの業務内容を知り、さらにホテルが様々な部署の連携によって成り立っていということが分かった。ホテルで働く上での利点や素敵だと思う点も厳しいと感じる点もどちらも見つけることができたので自分の将来の仕事を考えるためにとても有意義な経験となった。また熊本滞在中に多くに方に話しかけていただいたり優しくしていただいた。熊本の皆様のあたたかさを実感し、この地に魅力を感じた。今後は他の地域についても理解を深めてIターン就職を前向きに検討していきたい。

後輩へのひとこと

まだ将来が決まっていなくても、東京で就職をするつもりでも、参加して経験するだけで見える世界がかなり広がると思います。九州に縁もゆかりもない人は不安もあると思いますが、とてもあたたかく迎え入れてくださるのでぜひチャレンジしてみてほしいと思います!

受入企業からのメッセージ

4日間という短期間で2部署での研修があり大変だったと思いますが、前向きで積極的に取り組まれている様子が好感を持てました。この経験を活かし、今後の就職活動、学生生活に取り組んでいただきたいです。弊社でもIターン受け入れを積極的に実施できればと思います。