九州・山口キラリ☆ハッケン

暖かい職場から社会人としての責任を学ぶ

インターンシップ参加者名:A・S(立教大学3年/福岡県出身)

■企業情報

会社名
トヨタ自動車九州株式会社
主な事業
自動車及びその部品の開発~製造・販売
事業内容
「レクサス」を主とする車両の開発~製造、並びにエンジン、ハイブリッド製品の製造
資本金
450億円
従業員数
9,300名
設立年月日
1991年2月8日
代表者
金子達也
本社所在地
福岡県宮若市上有木1番地
ホームページURL
http://www.recruit.toyota-kyushu.com/
インターンシップ プログラム内容
自動車メーカーでの事務職の仕事って想像できますか?

クルマづくりと聞くと、理系のイメージが強いのではないでしょうか。
人事・経理等はもちろん、部品の仕入れを担当する「調達」や新規生産車の納期をコントロールする「新車進行」、実際の工場運営をサポートする「生産管理」等の仕事もよいクルマづくりのためには欠かせない役割を果たしています。
このコースでは、実際の職場に配属させていただき、実業務について学んでいただきます。
最終日には、それぞれインターンシップで学んだことについて参加者全員で共有を行い、事務職全体への理解を深めていただきます。

(これまでのテーマ例)
トヨタ物流管理業務の体験
自動車原価低減業務の仕組みを学ぶ

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
職場の雰囲気、働くことがどのようなことなのかを体感する。

1日目

実施内容 感想
オリエンテーション
配属職場紹介
業務説明①(人開部・労政室の使命役割)
業務説明②(給与厚生グループの業務概要)
業務説明③(食堂運営業務について、実習で取り組んでもらうこと)
予想はしていたけど、思った以上に女性のインターンシップ生が少なくて驚いたと同時に、不安になった。だけど、グループの人たちと仲良くなれて緊張がほぐれた。初めて職場に行ったときはとても緊張したけど、メンターの方が親切にいろんなことを教えてくださったし、部署の方々もみなさん優しくて安心した。今日は座学が多かったけれど、会社のことを大まかに知ることができた。

2日目

実施内容 感想
ミーティング
食堂視察(ノースレストラン、イーストレストラン)
SCRUM参加
食堂事業者Mtg資料作成
ライフサービスニュース作成
今日は、SCRUM活動という、職場での困りごとなどを部署内で共有し合って改善をしてゆくという活動のミーティングに参加した。直接的に自分の部署に関わりのなさそうなことなどについても話し合っていて、縁の下の力持ちのような役割をしていて、大変そうだけどとても魅力的なお仕事だと感じた。午後は、食堂のメニューのイベントを載せるライフサービスニュースの作成などをして、自分自身でメニューのキャッチフレーズなどを考えたのがとても面白かった。

3日目

実施内容 感想
ミーティング
食堂視察(ウエストレストラン)
グループミーティング
発表資料作成
定年セレモニー参加
部内勉強会
今日は定年セレモニーに参加し、今月が誕生日で今月いっぱいで定年になるお二方のお祝いをした。お二方とも42年間会社に勤めていらして、皆さんからの信頼も厚そうでとても素敵な方々でした。こんなに長く働ける環境があるトヨタさんを、改めてすごいと思った。そのあとは部内勉強会に参加し「育児・介護に関するTMK制度」についてお話を聞いた。一見業務には関係のなさそうなことだけど、世間の動きや現状を把握することで、より良い職場の風土が作れたり、福利厚生の見直しができたりというように、結果的に部署で取り組んでいる業務につながっていくのだということを学んだ。

4日目

実施内容 感想
ミーティング
資料作成(ライフサービスニュース、カラダPlusメニューカレンダー)
資料仕上げ
食堂事業者Mtg参加
発表資料作成
今日はライフサービスニュースとカラダPlusメニューカレンダーの仕上げをして、社内のポータルにUPした。社員の方全員が見られるところにUPされたのがうれしかった。午後は食堂事業者Mtgに参加した。私たちが普段当たり前のように使っている食堂の裏側には、たくさんの方々の苦労があるのだということに気が付いた。

5日目

実施内容 感想
ミーティング
発表資料作成、発表練習
職場報告会
振り返り
グループワーク
今日の午前中は発表資料の作成をして、先輩や上司にアドバイスをもらったのですが、みなさん本当に適切なアドバイスをくださって、感動した。報告会の本番ではとても緊張したけれど、たくさんの方が声掛けして下さったので、自信を持って堂々と発表できた。でも、やはり社員の方々と比べたらまだまだなので、これからもっと場数を踏んで慣れていきたい。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

私は今回のインターンシップで、職場の雰囲気と社会人の責任を学んだ。今回初めて長いインターンシップに参加したので、オフィスに入るのも初めてだったけど、あちこちで電話のコールが飛び交っていたり、たくさんの会議があったりなど、ドラマで見るような風景が実際にあるということに気が付いた。また、小さなミスで会社全体に迷惑をかけてしまうので、働くうえでの責任というのは重大なのだということを感じた。今回の経験で、コミュニケーション力プレゼン力という課題に気づいたので、これからの就職活動や生きていくうえで、今回の課題を克服できるように努めていきたい。

後輩へのひとこと

私は今回このインターンシップに参加して、職場の雰囲気はもちろんのこと、都会では体感できない、自然の豊かさやのんびりとした雰囲気、人々の温かさに触れることができました。もともと出身は福岡でUターン就職をしようか迷っていたけれど、この経験を通して福岡での就職により一層魅力を感じることができました。

受入企業からのメッセージ

実習お疲れ様でした。一週間という限られた期間でしたが実際に展開する資料を作成してもらうなど月末業務の一部を担っていただき、助かりました。今回の経験が、A・Sさんの今後に活かされると幸甚です。いろんなことにチャレンジして実り多い学生生活を送ってくださいね!