九州・山口キラリ☆ハッケン

山口で学んだ感謝の気持ち

インターンシップ参加者名:M・S(立教大学3年/埼玉県出身)

■企業情報

会社名
株式会社豆子郎
主な事業
製造業
事業内容
和菓子の製造・販売
資本金
1,000万円
従業員数
112名
設立年月日
1962年8月1日
代表者
新田 薫
本社所在地
山口県山口市大内御堀33
ホームページURL
http://www.toushirou.info/
インターンシップ プログラム内容
【おもてなしの極意】
・店舗接客、もしくはそれに付随する補助業務
・先輩スタッフからのフィードバックなど

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
お客様に合ったおもてなしをする。

1日目

実施内容 感想
座学
研修
振り返り
お給料や土日休みなどの視点からだと企業選びに失敗してしまう。→受動的な働き方しかできない。主体性をもって積極的に働くためには自分が好きなことであり、目的がなくてはならないという話がとても印象に残った。

2日目

実施内容 感想
本店で実習
振り返り
"お茶を出すタイミングが難しかった。→お客様が座るタイミングで会話が必要か否か。→一言話してみて様子見
・喫茶のときの会話→どこからいらしたんですか、はじめてですか等。"

3日目

実施内容 感想
台風のため宿泊先待機

4日目

実施内容 感想
店舗にて実習
吉敷店にて実習
振り返り
3日目に豆子郎の本を読んで、どのようにしたらお客様に喜んでもらえるか、五感でおもてなしするというようなことが心に残り、そのことを今日の実習に活かせた。心がシャキっとした感じがした。

5日目

実施内容 感想
本店で実習
常務室にて講義
振り返り
豆子郎の専務の方のお話を聞いて改めて、マインド設定のことを聞いて私も今後実践していこうと思った。また自分の生活をベースに仕事を考えていこうと思った。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

豆子郎のお客さん、業者の方、会社の社員同士の感謝の気持ちをおもてなしで表すというのがとてもしっくりきて、私も今後、今のバイトや将来の就職先はもちろん、実生活でも感謝の気持ちを表していこうと思いました。また東京とはぜんぜん違う環境で山口もいいところだなと思いました。

後輩へのひとこと

インターンシップには目的を持って行えば、大きく成長できると思います。

受入企業からのメッセージ

豆子郎、そして自分と向き合ってくださりありがとうございます。今回の学びを是非、活かしてくださいね!