九州・山口キラリ☆ハッケン

:

百貨店の接客の奥深さを学ぶ

インターンシップ参加者名:T・K(専修大学3年/福岡県出身)

■企業情報

会社名
株式会社岩田屋三越
主な事業
百貨店業
事業内容
小売業(百貨店)
資本金
1億円
売上高
1,178億円(平成29年度)
設立年月日
1935年5月8日
代表者
代表取締役 社長執行役員 細谷 敏幸
本社所在地
〒810-8680 福岡県福岡市中央区天神二丁目5番35号
ホームページURL
http://www.i.iwataya-mitsukoshi.co.jp/
インターンシップ プログラム内容
【百貨店のお仕事体験】
販売補助、その他販売に関する付帯業務 他

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
百貨店には様々な客層の方が来られるが、どのように接客をしているのか。私はそのような様々なお客様に対して商品を販売することが可能であるのか。

1日目

実施内容 感想
パートナースタッフセミナー
前年度の新入社員向けプレゼンテーション
リアルスタイル
まず、岩田屋三越で勤務する上で重要な、ルールとマナー、基本的な接客の用語を丁寧に説明して頂きました。実際にこれから勤務する人たちの中に混ざってのセミナーだったので、とても良い経験になりました。実際に私が働く“リアルスタイル”に行って、従業員一人一人に挨拶をしましたが、全員とても気さくな人でした。
また、私を担当してくれた社員さんは入社して半年にも関わらず、挨拶の仕方や店舗の詳細などとても丁寧に教えてくださり、とても自分の為になりました。

2日目

実施内容 感想
朝礼・準備
買い物が決定した後の流れ
接客見学
初めて職場で朝礼を見て、とてもスピーディーでメモが追い付けなかったです。しかし、ほとんど重要な内容ばかりであったため、次回からは改善しないといけないと思いました。開店までに掃除など、やる事が多くて、とても忙しかったです。その中でも、朝やる事を的確に教えて頂いたので、大まかな流れを掴むことが出来ました。
接客も、先輩方を見学することで、自分から笑顔で声をかけ、しっかりとした言葉づかいを第一に考えてすることが大切であると思いました。一連の流れがつかめる1日になったので良かったです。

3日目

実施内容 感想
接客
3Fフロア見学
今回は主に、“AMURO MONTH”の特製バックの配布をしました。そこで、お客様とコミュニケーションを取ることができて、接客の楽しい面を実感することが出来ました。お客様と話す機会が増えて、自ら接客をすることができ、2点商品を売ることに成功した時は達成感がありました。自分で工夫して言葉づかいに気を付けたり褒める言葉を言うことで、お客様により一層好んでもらえたときは、もっと接客したいと思いました。
また、3Fフロアを見学する機会がありました。2Fフロアとは照明の明るさや床の色が違っていました。フロアによってこんなにも内装が違うのかと肌で感じることも出来ました。

4日目

実施内容 感想
朝礼
接客
最終日は、接客を中心に業務を行いました。朝の開店前の業務では、学んだことを活かして積極的に取り組むことが出来たので良かったです。
また、接客では一人でお客様に声をかけ、試着後のコメントなどもしっかりと伝えることが出来た結果、購入して頂くことができたのでとても良い経験となりました。
最後に、外国人のお客様に接客をさせていただいたときは、英語で応対することが出来ました。外国人のお客様に気持ちよく購入して頂いたときは、嬉しかったです。どのようなお客様でも積極的に声をかけることが大切だと学びました。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

インターンシップを終えて、普段では見ることが出来ない裏での作業などを体験することが出来て、貴重な経験となりました。また、インターンシップ前と後では、百貨店の印象が大きく変わりました。今度、岩田屋三越に足を運ぶ際には、各フロアを回って、そのフロアごとの照明の明るさや床の色、天井の高さなど、フロアごとのテーマなども考えて百貨店を楽しんでみることが出来そうです。
接客の際のお客様との距離感が一番難しいと感じたので、今後自分が客として行く際は、どのように声をかけてくれるのかを意識したいです。

後輩へのひとこと

百貨店にインターンシップに行くことで、百貨店の魅力に気づくことは勿論だが、そのインターンシップ後も興味を持って百貨店に足を運ぶことができる。是非積極的に接客をしてほしい。

受入企業からのメッセージ

インターンシップへの参加お疲れ様でした。新入社員の主な業務や1日の流れを把握することも大切ですが、何よりも接客の楽しさを感じて頂けたら光栄です。是非今後の就職活動に役立ててくださいね。