九州・山口キラリ☆ハッケン

「働く場所」の大事さに気付けたインターンシップ

インターンシップ参加者名:M・K(日本女子体育大学3年/埼玉県出身)

■企業情報

会社名
一般社団法人福岡中小企業経営者協会
主な事業
経済団体
事業内容
地場中小企業により構成された経営者団体。
経営者の相互啓発活動。地域活性化活動。地場企業の人材確保事業など
従業員数
13名
設立年月日
1974年6月25日
代表者
会長 山口秀範
本社所在地
〒810-0001福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィスビル6F
ホームページURL
http://www.chukeikyo.com/fukuoka/index.html
インターンシップ プログラム内容
「地域活性化のための人材確保および人材育成活動」
福岡の地場中小企業・ベンチャー企業が人材を獲得するために実施している施策、および次世代を担う産業人材育成の施策を具体的に体験すると共に改善策を企画提案する。
具体的には【1】複数のベンチャー企業の仕事を複数体験するプロジェクト【2】学生が地場企業を取材するプロジェクト【3】海外の大学生が地元の高校生向けに実施するサマーキャンプなどの具体的運営に関わる。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
福岡での生活と東京との違いを見つけながら、インターンシップを通じて成長する。

1日目

実施内容 感想
オリエンテーション
中経協概要 説明
バークレーサマーキャンプ座談会 見学
受託事業の説明
訪問先へのアポイント取り
インターンシップ初日にも関わらず、たくさんの貴重なお話が聞け、また貴重な経験をさせていただきました。福岡中小企業経営者協会さんが、どのような意図で具体的にどのような事業をされているのかが具体的に理解することができました。学生の就職活動一つ取っても、色々な切り口で、実際に企業と学生が交流するイベント・事業等を設け、お互いにとってWin-Winになる新しい就職活動のあり方を学びました。
また、実際の体験としては、電話での訪問先へのアポイント取り・名刺交換練習など社会人としてのスキルも学ぶことが出来ました。電話や名刺交換はもちろん、態度・話し方においても「相手に自分はどのような印象を与えているのか」を常に意識することが大切だと思いました。明日以降も、課題に対する自分の答えを見つけるために、常にアンテナを張って学んでいきたいです。

2日目

実施内容 感想
前日の振り返り
訪問先についての説明
訪問先への質問整理とアポイント
CREREA(中経協が運営する地域発見WEBキャリアサイト)説明
中経協の委員会活動説明
福岡市役所 取材
昨日、中経協さんの事業内容と事業の背景や意図を説明していただき、それらを理解した上で本日のインターンシップに臨むことが出来ました。今日は、訪問先への電話・メールでのアポイント取り、市役所への訪問という貴重な経験をしました。電話には以前から苦手意識がありましたが、昨日よりリラックスして行うことができ、成功体験を積む内に、少しずつ自信をつけることができています。話す内容を整理していれば、必要以上に怖がる必要はないのではないかと発見することができました。段々と余裕が出てきたら、声のトーンや大きさ、話すペースなどを意識して、より相手に伝わりやすく電話応対ができるようになりたいと思いました。メールも同様で、社員さんからアドバイスをいただきながら、正しい言葉でより相手に伝わる表現や文章を打てるようになりたいです。
市役所訪問は、素直に楽しかったです。市が行っている地域活性化事業について細かく説明していただき、事業への理解が深まりました。また、私の意見・視点もお話しさせていただいたり質問をぶつけてみたりと、市役所の方と意見交換ができたことはとても貴重な体験で、色々なお話ができたことは、とても勉強になりました。

3日目

実施内容 感想
福岡県庁 取材訪問
施策発表 情報整理
今日は、一人で県庁へ訪問取材へ行きました。初めての経験、かつとても貴重な経験をさせていただきました。昨日の経験を活かし、自分の立ち居振る舞いを意識して臨みました。県庁の方から、事業内容について詳しく説明をしていただき、私の意見も述べさせていただけ、昨日同様、意見交換をざっくばらんに行うことができたことが、とても楽しかったです。
コミュニケーションは堅くなりすぎても良くなく、どのようにしたら初対面の相手とちょうど良い距離感をつくり保つことができるのか、勉強になり更に向上したいと思いました。お話の内容はもちろん、社会人としての立ち居振る舞いについて考え、学ぶことができ、一人で成し遂げる事ができたという成功体験がとても自信に繋がりました。

4日目

実施内容 感想
K社(インターネットテレビ局)訪問
チャレンジマインド育成事業 見学
今日は、午前中にK社のオフィスにお邪魔して、事業の内容を説明していただきました。ユニークな朝礼や社風に衝撃を受けながらも、社員の方にとても良くしていただき、就職活動についてK社の事業や想いも交えて話していただきました。仕事の仕方について、考えさせられ、とても良い経験になりました。自分はどんな働き方をしたいのか、どんな人と一緒に働きたいのかが少し見えた気がしました。
午後からは、チャレンジマインド育成事業で、K社社長Tさんの講義を中学生の変化を目の当たりにしながら聞くことができました。Tさんの言葉に胸を打たれ、また、中学生の表情や態度の変化に感動しました。インターンシップ生として、学校の先生や生徒の前での立ち居振る舞いも意識でき、勉強になりました。実際に中経協さんがされている事業の現場を見られたことは、得るものが多くとても良い経験になりました。

5日目

実施内容 感想
プレゼン準備
プレゼン発表
“若者を対象とした福岡への移住・定住の観点からの「中経協の特性を活かした地域活性化施策」について”
今日は、最終日ということで今までインプットしてきた内容を整理して、福岡の良さを発信するには?という思いで課題に沿った観点から企画を考えました。私の実体験やこの一週間で学んだことに少しのワクワクを取り入れて作りました。プレゼンテーションのフィードバックをいただき、福岡の方と関東出身の私の感覚の違いを感じました。ですが、だからこそ事業をやる時に色々な考えや感覚が化学反応を起こして良いものができるのだろうなと思いました。プレゼンテーションに関しては、私の中で課題も見つかったので、次に活かす経験となりとても良かったです。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

インターンシップを通じて、就職活動に関する考え方が変わりました。就職活動とは、自分の幸せを考えることであり、人を知り、人と出会うことで仕事が生まれるのだと学ぶことができました。人は、お金や地位では豊かになれない、地域があって人がいて、一緒に働きたいと思える人にめぐり合えて初めて幸せなんだと気づきました。これから私は、自分の魅力を感じる業界に目を向けることはもちろん、誰とどんな風に働きたいのか、自分はこの場所で、この人たちと一緒に働いていて幸せなのかどうかという観点でも、企業を見ていきたいと思いました。ビジネスマナーや人としての立ち居振る舞いも成長できたかなと思っています。少し頑張って乗り越えるハードルを毎日設定していただいたおかげで、昨日より今日、成長した自分になれ、とても充実したインターンシップになりました。
インターンシップ先の女性社員と女子会ランチ。会社近くのカレー屋さん
最終日にインターンシップ先の社員さんたちとの集合写真
最終日にプレゼン発表をインターンシップ先の社員に。若者の福岡の移住定住を促進するためにインターン先の団体の強みを活かして何ができるかをプレゼン。全部で30分くらい【プレゼン10分】

後輩へのひとこと

自分の価値観を見直す・発見するという意味で、とても充実した時間になりました。インターンシップを通して、成長した部分がたくさんあります。貴重な体験が沢山できたため、お金(交通費・宿泊費)を払ってでも行って良かったと思っています。

受入企業からのメッセージ

慣れない福岡生活の中で、短い時間でも積極的に何かを掴み取ろうと取り組む姿勢がとても頼もしかったです。1週間本当にお疲れさまでした。