九州・山口キラリ☆ハッケン

ホスピタリティの心を大切に、相手の気持ちを考える

インターンシップ参加者名:R・N(日本大学3年/東京都出身)

■企業情報

会社名
潮騒の宿 晴海
主な事業
旅館業
事業内容
宿泊業、レストラン業
資本金
800万円
従業員数
200名
売上高
10億円
設立年月日
1982年
代表者
久保力夫
本社所在地
〒874-0023 別府市上人ヶ浜町6-24
ホームページURL
http://www.seikai.co.jp/
インターンシップ プログラム内容
接客補助
・チェックアウト
・チェックイン
・食事処案内

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
大分県の魅力を知る。
晴海でのお客様へのサービス精神を知る。

1日目

実施内容 感想
会社内容の説明
フロントでご挨拶、食事会場の見学
予約係の説明と研修
今日のまとめ
晴海の名前の由来にとても感動しました!と同時に、愛着がわいてきました。ホテルと旅館を合わせた「温泉リゾート旅館」の良さがだんだん分かってきました。しかしそれと同時に部署内外での連携の必要性、個人の能力、経験の必要性など、多くの私にとっての難題に気付きました。

2日目

実施内容 感想
前日の振り返り、今日の目標
電話対応の実践
フロントで昼食客とチェックインのお出迎え
フロントミーティング
部屋まわり(海の棟)
お呈茶の説明
客室を直接見る事で、よりお客様がどういう思いでこのお部屋をお選びになったのか、お客様は喜んでいただけるだろうか、などを想像できるようになりました。お呈茶では実際にフロントでのチェックイン時のお客様のご様子を見ることができ、年齢や男女以外にも疲れ具合や荷物の量に差がありました。それぞれのお客様にそれぞれ何ができるかもっと考えていきたいです。

3日目

実施内容 感想
前日の振り返り、今日の目標
おしぼりの準備の仕方
チェックアウトのお見送り
予約係の研修
レストラン・バジルでの研修
今日のまとめ
おしぼりを洗って畳む作業では、疲れていたりお部屋やお食事、大分を楽しみに来てくださるお客様のおしぼりがぐちゃぐちゃだったりしたら嫌な思いをさせてしまう。レストランのテーブルや和室の所作一つ一つがお客様の快さにつながると思うと、どこでも気を抜けない、と感じました。全てのお客様が快いと感じることはとても難しいかもしれないけれど、どの部署の方々もそれを追い求めていました。細かい所までお客様の気持ちを察するセンスを磨いていきたいです。

4日目

実施内容 感想
フロント、玄関でお声掛け、お見送り
売店で商品、大分の説明
今日のまとめ
フロントや玄関でのお声掛け、お見送りの際、なかなかタイミングや話題を掴むのが難しいと感じました。フロントで既にされた話題とは別のことを話したい。そうなるとフロントでの話題を聞いておいたり、出身を調べておいたり、テクニックが必要だと思います。売店ではスタッフの知識の多さに驚きました。大分のことはもちろん、商品の産地まで。プロ意識を感じることができました。

5日目

実施内容 感想
前日の振り返り、今日の目標
晴海の別館・ガハマテラスの説明、見学
今日・インターンのまとめ
ガハマテラスは晴海よりも土地は広く、しかし部屋数は少なく、晴海よりもゆったりとした時間が流れているように感じました。全体が古民家のような作りで、部屋の内装から備品まで統一されていました。よりプライベート感があり、WHITE TIMEを徹底しているように感じました。
接客業、ホテル業での大切なこと、大切にしていること、というインタビューでは、お客様本位、お客様のために何ができるかを1人1人が考え、その上で具体的に行動に移していて、個人のレベルの高さと向上心を感じました。

※WHITE TIME…「潮騒の宿 晴海」のコンセプト。お泊りいただいた全てのお客様の大切なお時間をゆったりと静かに過ごしていただきたいという思いです。ないといけないけれども、主張しすぎない、あり過ぎない、邪魔にならない、近づき過ぎない、けれども振り返れば必ずそこにある。そんな過不足のないサービスを提供し続けたいという思いも込められています。
そして、その全ては「潮騒の宿 晴海」で過ごす大切なお時間と空間を、お客様の色で染めていただきたいという考えに根ざしています。(晴海HPより)

インターンシップを終えてのまとめ・感想

まず、自分では高くて泊まれないようなホテルを見学できて、たくさん感動しました。その上で、料金の高さに見合った設備、スタッフ1人1人のお客様への思いを見ることができました。「一番大切にしていること」のアンケートでは、常にお客様に見られていることを意識すること、おもてなしやホスピタリティの心を持つことなど様々挙がりました。「お客様本位」ということを1人1人が考え、何ができるか考えた結果だと思います。私が一番大切にしたいのは、「お客様の気持ち、立場などを考え察すること」です。自分だったら、ではなく、相手だったら。サービス業だけでなく、人と関わる際に一番大切だと思いました。難しいことですが、そのセンスを磨いていきたいです。5日間本当にありがとうございました!
宿泊したところ近くの大分タワー
潮騒の宿 晴海 の名札
別府駅前のピカピカおじさんの像

後輩へのひとこと

晴海は次に大分に来るなら絶対に泊まりたい宿で、料金は高いですがサービスの質もそれに見合って高い宿です。インターンシップに参加したらきっと楽しめるでしょう!

受入企業からのメッセージ

Nさんの1番の武器は素敵な笑顔だと思います。また、初めて訪れた場所で、物怖じせず、積極的に考え、行動に移そうとする姿勢も、とても輝いていました。これからも、いつも前向きに、明るい考え方で人生を歩んでいただきたいと思います。