九州・山口キラリ☆ハッケン

:

人々のライフラインである小売業の活動を知る

インターンシップ参加者名:S・F(中央大学3年/福岡県出身)

■企業情報

会社名
イオン九州株式会社
主な事業
小売業
事業内容
イオングループの中核であるGMS(総合スーパー)事業と、HC(ホームセンター)事業、SuC(スーパーセンター)事業、サイクルショップ、D&F(ドラッグ&フード)事業を運営。衣料品・食料品・日用品・医薬品という生活必需品を中心に販売。
資本金
3,145百万円
従業員数
16,379名
売上高
242,164百万円
設立年月日
1972年6月
代表者
代表取締役社長 柴田祐司
本社所在地
〒812-0016福岡市博多区博多駅南2-9-11
ホームページURL
http://aeon-kyushu.info/
インターンシップ プログラム内容
「小売業界の理解を深め、店舗運営について学ぶ」
・小売業界についての講義
・店舗視察及び研修
・物流施設見学

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
小売業のあり方について

1日目

実施内容 感想
小売業を理解する、会社紹介
イオン行動規範
イオンの環境社会貢献活動について
社会人としてのルール
勤務ルール
研修の振り返り
小売業はお客様のライフラインというのを踏まえた上でイオンさんがどのような活動をしてきたのかを理解することができた。
また、社会貢献は植林しか知らなかったが、それ以外にもエコやフェアトレードなど色んなことを行っていることが分かった。

2日目

実施内容 感想
九州RDC見学
九州XD見学
築紫野イオンモール見学
今日は一番注目していた物流センターを見学できた。
RDC(常温センター)がほぼ全自動であったのに対し、XD(低温センター)が人の手によって仕分けされていることに驚いた。

3日目

実施内容 感想
前日の振り返り
店舗運営についてのお話
築紫野イオン案内
売場実習
振り返り
初日でも言われたライフラインだが、たとえ赤字であっても潰すことはできない、いかに黒字にしていくかが大事だと言われた。
グロッサリーだが、目線の右側に一番売りたいものが置いてあり、また、PDCAサイクルを大事にしていることが分かった。
マニュアル内でお客様第一に行動することを大事にしていた。また、流行品は出遅れると失敗しやすい事も教えてくれた。

4日目

実施内容 感想
前日の振り返り
店内ルール説明
イオンの安全・安心について
現場社員との座談会
振り返り
挨拶や言葉遣いはやはりどこも徹底しているのだなと感じました。また、イオンの衛生チェックはとても厳しく管理されていて、さらにそれを毎日何度も繰り返していることに驚いた。
他人から言われたこと、人からの評価というのを振り返り、そこから自分の長所を見つけるということを教えてもらった。

5日目

実施内容 感想
イオンの構成について
発表準備
発表会
振り返り
自分は今回小売業という業種について知りたいと思い、実際に発表したが、自分を高めるために、九州の魅力を知るために、と3人がそれぞれ違った発表を行ったので、とてもためになった。
(本事業にて、3人同時にインターンシップを実施。)

インターンシップを終えてのまとめ・感想

小売業はお客様のライフラインであり、それを守るためにイオン九州がどのようなことをしているのかを知ることができてとても良かった。物流業やその他の業種にも興味があるのでそちらも調べていこうと思う。
イオンモール筑紫野店で職員の方と一緒にランチ
帰るときの福岡空港。改装中で乗り口が普段と違って珍しい光景

後輩へのひとこと

その業種について深く知ることができるし、目立たないところの作業にも目を向けられるので、興味のある業種には積極的に参加してほしい。

受入企業からのメッセージ

アルバイトでは経験することができない学びの機会になったと思います。この経験を活かした納得のいく就職活動になることをお祈り致します。