九州・山口キラリ☆ハッケン

:

デザインという仕事を基礎から学んだ充実した日々

インターンシップ参加者名:N・A(立教大学3年/神奈川県出身)

■企業情報

会社名
イジゲン株式会社
主な事業
情報通信業
事業内容
スマートフォンアプリ/Webシステム開発、Web/紙媒体デザイン、
イベント企画・運営、ITコンサルティング 等
資本金
4,250万円
従業員数
13名
設立年月日
2013年11月
代表者
鶴岡 英明
本社所在地
〒870-0839 大分県大分市金池南1-5-1-4F
ホームページURL
http://ijgn.jp
インターンシップ プログラム内容
「あなたのアイデアで地域社会の活性化に貢献しよう!」
自社サービス「エアポ」「トリニータアンバサダー」を中心に、イベント運営やシステム開発体験など、個人の適正に応じて経験。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
自分のやりたいことを見つけること。
就活で自分が企業を選ぶポイントを明確にすること。

1日目

実施内容 感想
会社の説明
Macの使い方を学ぶ
デザインに関する勉強
小規模な会社ならではの強みや、地方創生への貢献の仕方などを教えていただきました。午後は自分が興味のある「デザイン」に関して、知っておくべき知識や情報収集の際に役立つサイト等を学びました。自分が、何も知らない状態からのスタートだったので、とても勉強になりました。

2日目

実施内容 感想
イラストレーターを使ってみる イラストレーターというソフトを実際に使ってみました。今日は「トレース」の作業を通じて、ポスター(チラシ)の画面がどのように構成されているのかを自分でゼロから組み立てることで学んでいきました。イラストレーターを初めて使ったということもありますが、比較的シンプルな広告を選んだにもかかわらず1日掛かってしまって、1つの作品を作り出す労力を身を以て知りました。

3日目

実施内容 感想
名刺作り(情報の整理)
名刺作り(ラフ画を描く)
名刺作り(情報の整理) デザインを考えるにあたって、ヒアリング→コンテンツの整理→レイアウト→デザインを作る、という基本となる一連の流れについて教えていただきました。いきなり手をつけるのではなく、きちんと情報を整理することが目的に合ったデザインを作り出すことにつながるということを学びました。普段様々なデザインを目にしますが、その一つ一つは、じっくり時間を掛けて生みだされたものであることを理解することができました。

4日目

実施内容 感想
名刺作り(ラフ画見直し)
実際に名刺を作成
昨日描いた名刺のラフ画を見直してから、実際にイラストレーターを使用して名刺を作りはじめました。文字と文字の間の調整や文字のサイズ、配置など考える要素がいくつもあり、大変さを実感しつつも、試行錯誤を繰り返してより良いものにつなげていく時間は苦ではなかったです。

5日目

実施内容 感想
名刺作り
完成した名刺を発表
まとめ
名刺作り 昨日に引き続き名刺作りに取りかかりました。裏面のデザインを完成させ、微調整を重ねて無事に名刺を作り終えることができました。その後、自作した名刺のデザインを皆さんに発表する場を設けていただき、自分のインターン・就活への思いも混ぜつつ発表させていただきました。こういったプレゼンの機会を作っていただいたことで、自分が制作物に掛けた思い、考えを改めて見直し、整理することができました。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

今回のインターンシップでは、デザイナーのお仕事について学ばせていただきました。わずか5日間という短い期間ではありましたが、デザインという仕事の基礎から教えていただき、本当に充実した5日間でした。デザインを考える前の、情報を洗い出す時間やコンセプトを考える時間などにしっかり取り組んだことで、自分がこれから作ろうとしているものが何なのかということを明確にすることができ、そしてその過程が、よりよい「もの」の完成につながるということを学びました。また、今回のインターンシップで、自分が将来やりたいことを明確にすることができたのも大きな収穫でした。自分のこと、やりたいことをさらに具体的にしていって、今後の就活に取り組んでいきたいと思います。
定食屋で食べた「とり天」
イジゲン株式会社オフィス内の様子
由布院の観光スポット「金鱗湖」

後輩へのひとこと

何のために行く、何を学んだ、何を得た(今後どう生かすか)という3つのステップを明確にすることが大事だと思います。5日間という期間を、労力・時間を掛けていくだけの価値に自分で変えることがこのインターンシップに参加する意味につながると思います。

受入企業からのメッセージ

5日間お疲れさまでした。初日、2日目と何をしていいか分からず困ったことでしょう。最終日は見違えた顔をしていましたね。またどこかで!