九州・山口キラリ☆ハッケン

:

なかなか知れないマスコミ業界について理解を深めた5日間

インターンシップ参加者名:R・K(法政大学3年/山口県出身)

■企業情報

会社名
株式会社長崎国際テレビ
主な事業
マスコミ
事業内容
長崎県を放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている
資本金
25億円
従業員数
64名
売上高
43億3,000万円 平成26年度
設立年月日
1990年12月6日
代表者
位寄 雅雄
本社所在地
〒850-8504 長崎市出島町11番1号
ホームページURL
http://www.nib.jp/
インターンシップ プログラム内容
「報道現場の最前線で取材補助やニュースの生放送に携わる」
報道部に所属し、取材補助や生放送時の補助業務をメインとした研修を実施。
報道現場の最前線に携わることで、社会人としてのマナーを学ぶ。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
業界について見聞を広め、今後の就職活動などに生かしていく。

1日目

実施内容 感想
インターン概略・総務部 説明
営業部・営業推進部 説明
編成部 説明
事業部 説明
放送局に対して抱いていたイメージとの違いが大きく、思っていたよりも地道で泥臭いものだった。しかし泥臭い、地道な活動が地域のきずなや信頼を築いていくのだろうと感じる。また、キー局からの配信以外の枠をどう活かすのか、という点において「パズル」という話を何度も聞いた。ある意味地方局のキーワードかもしれない。

2日目

実施内容 感想
報道部 見学・説明
アナウンス体験
技術部見学・説明
報道・記者・技術と見学し、自分がこれまで見ていたものとほぼ同じ物を見ることが出来た。しかしローカルであるために描く内容に対しての配置人数が少ないと感じる。ただそれを補うため、アナウンサーであっても記者として取材を行ったり、原稿作成を行うのは意外だった。更に地域として、地方として報道を自身の地域に置き換えて考えるというのは大きな発見だった。アナウンサーの方から直接的なアドバイスもいただくことができ、非常に嬉しく思う。

3日目

実施内容 感想
報道部 概要説明
出張取材 番組視聴
壮行式を「取材する側」で見て考えることが今まで無かったので、一つ考えさせられた。当日会場に着いてからは役員の方と綿密な確認を行い、カメラマンの方へ「良い位置のアドバイス」を行った。アナウンサーと記者を兼ねる社員さんにはマルチに業務を行う難しさと行動力を背中を見て学んだ。

4日目

実施内容 感想
概要説明
取材補助・番組視聴
取材に同行することで、多くの情報を拾う中で何が重要か、何を抜きとるべきかというのをより考えていく必要があると感じた。それは単に就活というだけでなく日常的な会話に対しても応用が利くし、必須であると感じた。
また将来の進路について改めて考えなければと感じたがまだ不透明な点が多い。明日の座談会も期待している。

5日目

実施内容 感想
制作部 見学
番組収録 見学
若手社員との座談会
実際に放送観覧するのは3回目であったが疑似生放送である今回は全く形態が異なっていた。素人の方を含めた放送はイレギュラーも多いが、マルチに対応出来る技能が上手くカバーをしていた。
若手社員の座談会について大学のOGがいたという驚きもあったが芯の強さと人柄の良さに惹かれた。NIB(長崎国際テレビ)
が何事に対しても一丸となり、強くつながっているチームであると強く感じた。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

この5日間長崎国際テレビの様々な部を見て、どの方もマルチに、そしてかなり高いレベルでの業務をしているのだと強く感じた。自分自身のこれまでの知識はしっかりとした映像として記録されたことではっきりと語れるものになったと思う。これからは経験と共にレベルアップを図り、自分の成せることを成し、今後の社会人生活でも生かしていきたい。貴重な経験が出来、大変嬉しく思う。
こちらは宿泊先のホテルから近い位置にある喫茶店で食べました。カレーピラフとカツとナポリタン美味しかったです。
長崎空港から大波止までの道のりで見た景色です。一本道の道路の周りは海が広がっています。自分のインターンはここから始まるのか、と自分を励ましました。
長崎国際テレビ主催「Dejima博」にて食べた揚げみたらしという団子です。外はサクサク中はもっちり団子。食感と味に大変感動しました。

後輩へのひとこと

可能な限り早く参加した方がよい。実になる。

受入企業からのメッセージ

実直で礼儀正しく非常に好感が持てました。理解力も早いので社会に出てからもきっと高い能力を発揮されるでしょう。「アナウンサーになる」という強い意志を持って就活に臨み成就することを願います。