九州・山口キラリ☆ハッケン

:

大学での学びを活かすことができたインターンシップ

インターンシップ参加者名:C・M(早稲田大学3年/宮崎県出身)

■企業情報

会社名
株式会社江橋設計
主な事業
建設コンサルタント
事業内容
鋼橋の設計
資本金
800万円
従業員数
3名
設立年月日
平成19年4月25日
代表者
江橋 正敏
本社所在地
〒880-0853 宮崎市中西町86番地3
ホームページURL
ehashi.co.jp
インターンシップ プログラム内容
「鋼橋設計体験」
・設計ソフトを用いた概略設計
・EXCEL等を用いた計算書の作成
・橋梁模型の作成

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
宮崎の企業の雰囲気を知る

1日目

実施内容 感想
ビジネスマナーについて
鋼橋建設の過程
鋼橋に使われている技術
実務
研修日誌作成
江橋設計が鋼橋建設にどのように関わっているかを知り、江橋設計が専門性の高い分野で仕事をしていることが分かり、非常に感心した。大学の講義で習った技術が鋼橋の建設に実際に使われていたので、大学で学んでいることが日本の社会を動かすために必要な技術なのだと感じ、感動した。

2日目

実施内容 感想
昨日の反省
電算ソフトの使用方法について
荷重値算定
桁橋の概略設計
研修日誌作成
昨日の反省で、社会人としての振る舞いとして適切ではなかった点を指摘され、姿勢や感謝の言葉など、指摘されたことはこれからの生活に生かすべきだと感じた。
また、今日は江橋設計と他社が話し合う場を見ることができた。内容は専門性が高すぎて分からなかったが、企業同士での対談は企業の代表として見られるのだと思い、非常に良い機会に恵まれたなと感じた。

3日目

実施内容 感想
設計計算書まとめ
CAD基本操作
製図研修
昨日の反省
製図研修
研修日誌作成
今日使用したAutoCADは大学で使用したCADと同じ会社が作成したものだったため、基本操作は容易に理解できた。製図研修では、頭の中で設計している橋の立体図を想像しながらの作業のため、非常に疲れた。しかし、この図面から次の研修で模型図が作られると思うと、早く目に見える形にしたいなと心躍らせながら作業に取り組めた。今回は仕事を楽しむということを体感でき非常に有意義であった。

4日目

実施内容 感想
製図研修
昨日の反省
模型作成
研修日誌作成
昨日から始めた製図研修を引き続き行い、主桁二つと端横桁の図面を完成させることができた。図面作成は基本操作以外にも立体構造を想像する能力があるかで作業の効率が良くなるのかなと感じた。また、今回で模型作成の段階に入った。やはり想像していたものが目の前に出来あがっていくのに、非常に高揚感を覚えた。今回は、好きなことを職に選ぶことは非常に大事だなと感じる時間であった。

5日目

実施内容 感想
模型作成
昨日の反省
パワーポイント作成
研修日誌作成
昨日に引き続き、模型作成の作業を長時間集中して行った。また、パワーポイントの技術を学び、その技術を活かしながらパワーポイントの作成を行った。今日の研修内容は集中してする作業が中心だったので非常に疲れた。今日学んだパワーポイントの技術は、これからの生活に活かせると感じたので、研修終了後にもパワーポイントのスキルを磨きたいと感じた。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

応力計算などで、大学で学んだ数式等が使われていて、自分が受講している講義は非常に有意義なものなのだと再認識した。社会人としてのマナーや振る舞い、パワーポイントのスキルなど多くのものを学べたので、今回の研修は非常に自分のためになったと感じた。パワーポイントのスキルはもっと磨けると思うので、パワーポイントの技術をネットを駆使して磨いていくことが今後の目標である。
最終日に模型作成(橋の桁の部分)
研修打ち上げを兼ねた最終日の発表会。5日間での内容を企業様に発表。

後輩へのひとこと

大企業と中小企業、それぞれの利点や特徴を理解した上で企業選びを考えるといいと思います。

受入企業からのメッセージ

研修当初より心構え、姿勢などが著しく変化し、とても成長を感じました。また、研修課題に取り組む中での報告・連絡・相談は良くできており、指導している側はこの点、安心ができました。あとは何事にも誠実に向き合い、1つ1つの課題に対して丁寧に、更に効率良くする工夫を常に考え、更に挑戦していく心構えで、今後の進学や就職等に励んでください。