九州・山口キラリ☆ハッケン

将来、自分の仕事に誇りを持ちたいと思えた出会い

インターンシップ参加者名:N・Y(東洋大学3年/山口県出身)

■企業情報

会社名
山口放送株式会社
主な事業
民間放送業
事業内容
ラジオ・テレビの民間放送業
資本金
2億3,000万円
従業員数
121名
売上高
60億7,600万円
設立年月日
昭和31年3月1日
代表者
代表取締役社長 岩田 幸雄
本社所在地
〒745-8686 山口県周南市公園区
ホームページURL
http://www.kyushu-yamaguchi.jp/intern/corporate/detail/http//:kry.co.jp
インターンシップ プログラム内容
「放送制作現場を中心に放送局の業務全般を研修」
テレビワイド番組、ニュース、ラジオ番組の研修他

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
これから仕事を選択する上で、どういったことを基準に選択すればよいかの役に立たせたい。

1日目

実施内容 感想
人事部ガイダンス
会長講話
入賞作品視聴
会長さんのお話を聞きました。これから仕事をする上での大切な考え方を学ぶことができ、貴重な機会をいただきました。その後は「奥底の悲しみ」というドキュメンタリー作品を視聴しました。敗戦後の日本をテーマにした内容で考えさせられることが多くありました。また、テレビを通じて伝えることの大切さを感じました。

2日目

実施内容 感想
テレビ編成部の仕事内容
技術制作部の仕事内容
今日は一日を通して各部の詳しい仕事内容を教えていただきました。60年前から保管されているCDやレコードがある部屋を訪れて、とても楽しかったです。放送に使用する曲が最新のものも全て、CDに残して管理してあることに驚きました。他にも難しい機械をたくさん見学させていただき、機械の仕組みを理解することが難しかったのですが、放送局には機械がとても重要であることが分かりました。

3日目

実施内容 感想
テレビ制作講義
テレビ制作部 テレビ番組見学
番組ができるまでを、打ち合わせから見させていただきました。本番に向けての雰囲気作りを大切にされていて、それがチームの一体感につながっていき、良い番組が作られていくということが分かりました。本番中は緊張感があり、家で見ている感じと全く違い、不思議な感覚でした。みなさんの本番の時とそうでない時の切り替えが素晴らしく、仕事する上での切り替えの大切さを学びました。

4日目

実施内容 感想
取材
VTRの編集
美術部の見学
報道部についての講義
ニュース番組見学
今日は長い一日でした。取材は色々な方と出会える為とても楽しかったです。思ったよりも少ない人数で仕事をされているので1人1人の体力が必要な仕事であること、一つ一つを早く正確にしなければならない為、緊張感をもって仕事をするのが大切であることが分かりました。それぞれの方が伝える責任感をもって仕事をされていました。

5日目

実施内容 感想
ラジオ関係講義
ラジオ視聴
ラジオ制作部 ラジオ番組見学
人事部 研修のまとめ
ラジオは今まで全く興味のない分野だったからこそ、知れば知るほど面白かったです。ラジオ離れが進んでいるというラジオの課題を聞き、そういった課題の解決策を探りながらの仕事も楽しいだろうなと感じました。映像がない分、伝える難しさがあることも分かりました。今度、スマートフォンでアプリをダウンロードしてラジオを聞こうと思います。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

このインターンシップを通じて、放送業界で働く方々はそれぞれの持ち場で誇りを持って仕事されているということがよく分かりました。その姿はとてもかっこよかったです。私はこれから就職活動をする上で、自分のやることに誇りを持てるような仕事を選択しようと思います。5日間の経験はこれから社会人になるにあたり、大きな影響を受けました。
高水駅
山口放送外観

後輩へのひとこと

地方の仕事を経験することで、仕事に対する視野が広がり、選択肢が増えると思います。

受入企業からのメッセージ

5日間熱心に勉強されていました。お疲れ様でした。