九州・山口キラリ☆ハッケン

普段とは全く違う状況で知見を広げる

インターンシップ参加者名:M・T(法政大学3年/長野県出身)

■企業情報

会社名
関門港湾建設株式会社
主な事業
港湾建設業(海洋土木)
事業内容
急潮流、岩盤・硬土盤という厳しい条件の関門海峡で培った浚渫(しゅんせつ)技術をもとに、国内外の大型プロジェクトに参画しています。浚渫、埋立などを主業としています。
資本金
2億円
従業員数
187名
売上高
約50億円
設立年月日
昭和26年
代表者
代表取締役社長 清原生郎
本社所在地
〒750-0017 山口県下関市細江新町3番54号
ホームページURL
http://www.kanmon-const.co.jp
インターンシップ プログラム内容
「海洋土木について知ろう」
・会社概要説明
・大型特殊作業船(グラブ浚渫船、揚土船、プレミックス船)の見学
・現場見学

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
自分の知らない分野について知る

1日目

実施内容 感想
会社概要説明会
社長さんと懇談
普段お話できないであろう社長さんのお話を聞くことができて面白かったです。また、業務内容で分からないワードは調べることができました。

2日目

実施内容 感想
新人研修について
テクノベースの説明・見学
本日のまとめ・反省
実際に工場のような所を見に行き、大きさを体感しました。危険性があることや、どんな場所で働いているのかを想像することができました。ビジネスマナーに関することを教えていただきました。知らない内容も多く、勉強になりました。

3日目

実施内容 感想
下水工事現場の見学
護岸整備現場の見学
まとめ
海上のみではなく陸上の現場を見ることができ、普段生活している中で見掛けるような形のものも見ることができました。場所によって、人数や他社との共同等の様々なことを見ることができました。

4日目

実施内容 感想
準備
グラブ浚葉船の現場見学
関門海峡付近の工事済の場所の見学
長州出島の見学
本日のまとめ・反省
小型の舟に実際に乗りました。慣れないことで、やや酔いかけました。実際に大きな機械が動いているのは圧巻で、海に関する工事でも様々なものを見ることができ、“海”とひとくくりにしても、様々な働きがあることを改めて知ることができました。「見える部分は少しだけだよ」という言葉も伺いました。

5日目

実施内容 感想
今日までのまとめ
新人研修についての続き
社長さんと話をする
最終まとめ
名刺のもらい方、渡し方、その後どうするか等、実際に使ってみないと分からない内容を知ることができました。知らないこと等、様々な経験ができた貴重な時間でした。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

長野県出身だったり、文系だったりで、普段はとても見ることのできないようなものを見ることができて知見が広がりました。また、様々な方にお話を伺うことで、今まで知らなかった社会や就職活動に関する知識も得ることができ、大変勉強になりました。
インターンシップ中に見学した下水道工事の現場
海底を重錘で取り壊している状況
護岸工事の現場見学風景

後輩へのひとこと

地元のインターンシップの方と一緒になることができると面白いと思います。

受入企業からのメッセージ

積極的に質問するなど、様々なことを吸収しようとする姿勢は好感が持てました。今後の活躍に期待します。