九州・山口キラリ☆ハッケン

地域創生の新たな可能性を感じた5日間

インターンシップ参加者名:I・N(日本大学3年/福岡県出身)

■企業情報

会社名
株式会社地域科学研究所
主な事業
コンサルタント業務、システム開発
事業内容
まちづくり、地方公共団体(市役所)のシステム設計・構築、空き家リノベーションGIS(地理情報システム)、観光、防災スマートフォンアプリ設計・構築。
資本金
3,500万円
売上高
9億3,000万円(H27.10期)
設立年月日
1990年4月
代表者
代表取締役 平井慎一
本社所在地
〒870-0037 大分市東春日町1-1
ホームページURL
http://www.chklab.com/
インターンシップ プログラム内容
「地方の商店街やまちづくりへの提案」
地域(市町村)をピックアップして、その地域の活性化のポイントを導き出し、具体的な取り組みやブランド化について考えていく。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
東京の企業では体験することができない地方での地域活性事業を学ぶ。

1日目

実施内容 感想
インターンシップ説明
弊社のシステム説明
提案作成
1日目ということもあり緊張していました。活動を通して、インターン生同士でも仲を深められたと思います。
GISの改善点、活用したシステムの提案を行いました。

2日目

実施内容 感想
リサーチと提案作成
提案資料の作成
本日はアプリについての改善点、サービスの向上を考えました。ターゲットのニーズは何かを調べたところ、「見やすいように」、「情報量」など多くの案が出ました。
改善案も提案し、今ある機能に新しい試みを導入しようとする私達の内容を褒めていただけたので、さらに良い案を出していきたいです。

3日目

実施内容 感想
調査、提案 本日は公共施設を有効活用する方法を考えました。使用しない場所(学校、公民館)の増加。時代の移り変わりでそのようになっていると感じました。地方の人口変動に向き合う事が重要だと思いました。

4日目

実施内容 感想
施設見学
訪問まとめ
ミニ発表
本日は公共施設を見学に行きました。現場の従業員の方の声を直接聞けて、現段階で企画していることや運営していく上で必要な内容を学ぶことができました。

5日目

実施内容 感想
提案準備
発表
まとめ
退社手続き
本日は全提案、企画の修正を行いました。実際に運営するための方法を初めて考えました。資産・物・人の集め方やもう一度提案を考え直したりするなど欲張り過ぎたか、あまり上手くまとまりませんでした。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

5日間ありがとうございました。私は食品関係の勉強しかしていませんでしたが、情報システムを学んだことで組み合わせるという考え方ができました。
まずは地域を知ること。土地、設備をしっかりと把握した上で、地域活性・創生はできると感じました。

後輩へのひとこと

頑張ってください。

受入企業からのメッセージ

5日間お疲れ様でした。アプリの改善点については、社員からは発見できそうにない部分に着目しており、良い提案、プレゼンができていました。ありがとうございました。