九州・山口キラリ☆ハッケン

ここでしかできない貴重な経験で、多くのことを学べた

インターンシップ参加者名:R・I(共立女子大学3年/千葉県出身)

■企業情報

会社名
株式会社長崎国際テレビ
主な事業
マスコミ
事業内容
長崎県を放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている
資本金
25億円
従業員数
64名
売上高
43億3,000万円
設立年月日
1990年12月6日
代表者
位寄 雅雄
本社所在地
〒850-8504 長崎市出島町11番1号
ホームページURL
http://www.nib.jp/
インターンシップ プログラム内容
「報道現場の最前線で取材補助やニュースの生放送に携わる」
報道部に所属し、取材補助や生放送時の補助業務をメインとした研修。
報道現場の最前線に携わることで、社会人としてのマナーを学ぶ。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
現在、番組制作に携われる仕事に就きたいと考えているため、テレビ局と番組制作会社の違いやテレビ局の仕事内容を知る。

1日目

実施内容 感想
インターンシップ概略説明
テレビ局の仕事 基礎編
テレビ局の仕事① 編成部
テレビ局の仕事② 営業部・営業推進部
テレビ局の仕事③ 事業部 ピクサー展
レポート作成
テレビ局の各部門について及びその仕事内容について教えていただきました。実際に各部門それぞれ担当されている方からお話をお聞きする事が出来たので、理解がより一層深まったと思います。こんなに親身になってお話してくださるところなんてなかなかないので、非常にありがたいです。また、学生だからといって下に見ることなく、名刺を渡して下さったのもとても嬉しかったです。空気も綺麗だし、人もやさしくて感激しました。

2日目

実施内容 感想
テレビ局の仕事④ 報道部
昼ニュース見学
アナウンス体験
テレビ局の仕事⑤ 技術部
レポート作成
報道とは何か、その心構えなどといった深いお話から始まり、未知の体験であったアナウンス体験、そして最後にマスターや中継車などといった専門的なお話で終わり、とても密度の濃い一日を過ごさせていただきました。アナウンス体験では、実際にカメラの前に座って原稿を読むということで非常に緊張しました。わざわざスーパーまで付けてくださって感激しました。屋上から見る出島がすごく綺麗でした。

3日目

実施内容 感想
取材前準備
報道記者体験
レポート作成
どのような流れでニュースが出来上がっていくのかその一連の動きを見学させてもらい、非常に感銘を受けました。前もってどのようなことに集中して聞くのか焦点をあて、取材した内容をメモに取り、それを原稿にする。同じ作業をしていたはずなのにメモの取り方も、原稿の作り方も全く異なるものになっていて、興味深かったです。今まで、報道はあまり視野に入っていなかったのですが、今回の体験を機に考えてみようかなと思いました。

4日目

実施内容 感想
取材前準備
報道記者体験
レポート作成
デスクの方に原稿を添削していただいて、原稿を作る難しさを実感しました。より具体的に、より分かりやすく、とアドバイスをしていただき納得しました。本を読むと良いと教えていただいたので、これからたくさん本を読んでいきたいと思います。今回いただいたアドバイスを基にインターンシップが終わった後も自分で原稿を作っていきたいと思います。楽しかったです。

5日目

実施内容 感想
テレビ局の仕事⑤
番組収録現場見学
若手社員との座談会
レポート作成
一番興味のある制作部のところにお話を聞きに行けたのは非常にありがたかったです。制作会社からテレビ局に異動したという方のお話は色々と考えさせられるものがありました。テレビ局や番組制作会社、都会と地方のそれぞれのメリットを考えてこれからどうしたいか決めていきたいと思います。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

地方ならではの事情、それを踏まえてどのような工夫がなされているか、実際に様々なことを体験させていただくことで多くのことを学ばせてもらいました。本当に、至れり尽くせりでやっていただくことが多く、本当に恐縮です。何度お礼を言っても足りないくらいだと思っています。東京の方のインターンシップではこんなにやっていただく事などないと思います。お世話になりました。ありがとうございました。今回インターンシップで学んだことを生かして就職活動をしていきたいと思います。

後輩へのひとこと

行かなきゃ損します。

受入企業からのメッセージ

とてもまじめな性格で将来についても真剣に考えておられます。今回の様々な経験が多少なりとも役に立ったのであれば幸いです。大いに悩み考えて自分の進む道を決めてください。