九州・山口キラリ☆ハッケン

報道現場の最前線に携わることができる貴重な体験!

インターンシップ参加者名:K・O(中央大学3年/愛知県出身)

■企業情報

会社名
株式会社長崎国際テレビ
主な事業
マスコミ
事業内容
長崎県を放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている
資本金
25億円
従業員数
64名
売上高
43億3,000万円 平成26年度
設立年月日
1990年12月6日
代表者
位寄 雅雄
本社所在地
〒850-8504 長崎市出島町11番1号
ホームページURL
http://www.nib.jp/
インターンシップ プログラム内容
「報道現場の最前線で取材補助やニュースの生放送に携わる」
報道部に所属し、取材補助や生放送時の補助業務をメインとした研修。
報道現場の最前線に携わることで、社会人としてのマナーを学ぶ。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
自身の関心のある広告、出版、放送業界の研究、又その業界の気風を感じ取る。

1日目

実施内容 感想
インターンシップ概略説明
テレビ局の仕事 総務部
テレビ局の仕事 編成部
テレビ局の仕事 営業・営業推進部
テレビ局の仕事 事業部
レポート作成
テレビ局の各部署の仕事内容を学習し、専門的で濃密かつ多量の情報で脳がパンパンになると同時に、強く関心が惹かれ、「おもしろい」をくり返すばかりだった。社員の方々はとても優しく緊張も自然となくなり、集中して取り組めた。一日目から実りの多いインターンだった。

2日目

実施内容 感想
テレビ局の仕事 報道部
昼ニュース見学
アナウンス体験
テレビ局の仕事 技術部
レポート作成
二つの部の仕事内容の学習、ニュースができるまでの見学、アナウンス体験、どれも非常に濃い時間で、インターンであることを忘れてしまうくらい感動していた。特にニュースの工程の見学は現場にいるからこそ味わえる雰囲気を感じ取れ、またアナウンス体験も、プロのアナウンサーの指導のもと実際の場所でニュース原稿を読め、インターンに来たからこそできた体験であり、とても充実していた。

3日目

実施内容 感想
取材前準備
報道記者体験
レポート作成
取材の現場に同行させていただき、記者さんの取材、カメラマンさんの撮影を見学し、現場の雰囲気を味わえた。新聞記者とは違い、テレビは内容もだが、それよりも画を意識すること、それを見て学べたことは本当に貴重な経験だった。また、原稿も私が考えたものとは全く違い、プロの切り口に感動した。社員の方の洗練された感性に圧倒された。

4日目

実施内容 感想
取材前準備
報道記者体験
レポート作成
今日も取材現場に同行させていただいたが、今日の案件はイレギュラーなものであり、普段とは形式が違うものを見学でき、とても貴重だった。
また、取材の心掛けや原稿の体験などで、報道記者の感覚を味わえた気がした。
また、今日は報道部の社員の方と雑談を交えたコミュニケーションが取れ楽しかった。

5日目

実施内容 感想
テレビ局の仕事 制作部
番組収録現場見学
若手社員との座談会
レポート作成
今日は制作部の仕事を中心に見学させていただき、収録現場の編集、実際の収録現場を見たが、やはりテレビでよく見る番組ができるプロセス、画面の向こう側は特別なもので感動が大きかった。
また、若手社員との座談会は歳が近いこともあり、就活の悩み、自分の抱えていたものがはっきりと見えてきた。これから考えることを発見できた。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

今回のインターンシップは本当に実りのあるものだった。インターン生が少ないこともあり、詳細に親身に研修をしてくださり、また思い出に残る特別な体験をさせてもらった。テレビ局の現場を見て感じたことは常に時間との戦いであること、たくさんの目に気を払うことが大切だと感じた。
また、長崎国際テレビさんを見て感じたことは少数精鋭であること、そして社員同士のパイプが太く温かな和があると感じた。社員一人一人の責任感とやる気が強く、自社への愛が強まる職場環境だと感じた。

後輩へのひとこと

九州は縁のない人には遠くて関心が向かない地かもしれません。また、行くにも勇気がいるかもしれません。しかし、人生でこの先九州に関わることはニ度とないかもしれないので思い切ってみるのもありですよ。

受入企業からのメッセージ

明るく物怖じしない性格は皆に愛されるキャラクターです。何事にも積極的に取り組む姿も素晴らしく感じました。ただ時折、羽目を外しすぎることがあるので注意するように。