九州・山口キラリ☆ハッケン

障がいを持つ人を支え、地域社会に溶け込む福祉を考える

インターンシップ参加者名:S・O(東京大学3年/韓国出身)

■企業情報

会社名
社会福祉法人南高愛隣会
主な事業
社会福祉
事業内容
「社会をデザインする」これが私たちの仕事です。どんな障がいがあってもふつうの場所でふつうの暮らしができるように、様々な福祉サービスを創り出しながら、社会を創り変えて(デザイン)います。
 「暮らし」を支える生活支援、「働く」を支える就労支援(素麺の製造や、就職率90%を超える職業訓練)の他、相談支援、日中支援、居宅支援等において、障がいのある方の生活全般を支えられる事業を展開しており、長崎県下で約1,000名の方を支援しています。また、「罪を犯した障がい者への支援」や「結婚推進事業」など、全国的にも先駆的な取組があります。
従業員数
550名
売上高
32億1,210万円 (2013年度)
設立年月日
1977年10月28日
代表者
理事長 田島 光浩
本社所在地
〒859-1215 長崎県雲仙市瑞穂町古部甲1572
ホームページURL
http://www.airinkai.or.jp
インターンシップ プログラム内容
「罪を犯した障がい者への支援を学ぶ」
「生き直し」を支えるための更生保護施設、再犯を防ぐ防止学習の体験、同行支援

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
現場から福祉を考えること

1日目

実施内容 感想
オリエンテーション
デイサービスなかやま見学
グループホーム概要説明・訪問
重度の障がいを抱える方でも、犯罪を犯したことのある方でも、地域社会のぬくもりと明るさに自然と溶け込めるように細心の心遣いをされていることをしみじみ感じました。暑い中でも、「いってらっしゃい」「いってきます」「ただいま」「おかえり」の満ちた生活を日々全力でお互いを元気づけながら送っているみなさんにパワーをいただきました。

2日目

実施内容 感想
触法説明
犯罪防止学習授業見学
あいりん・さつき概要説明
雲仙・虹見学
夜支援(さくらホーム)
触法というものが別に存在しているというより、普通の暮らしを、普通の人々と共にしていくことを学んでいく過程を昼と夜の支援の有機的な連携のもとに利用者さんそれぞれに合った形でゆっくり作っていこうとする優しい職員さんたちの努力が感じられました。また、職員さんたちの厳しさに心から深く感謝をしていると(職員さんのいない所で)言ってくれている利用者さんの姿があるからこそ、上記の努力がこれほどまでに輝いているのだと考えました。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

学校では「障がい」という概念が医療の権威に専ら依存してでっち上げられ、理性によってどんどん構築され疎外されていくものとしての特徴を持つということばかり強調されていますが(社会学の観点なので仕方がないことなのかもしれません)、実際の現場では、障がいとして認定をもらうことが出来なかった期間が長かった分、社会から疎外されてしまうということをまず認知しており、なるべく障がいのある方々が個人一人ですべての責任を負わされているような孤立した状態を作らないことが大事になってくると、短い時間でしたが、感じ入りました。限られた時間内に少しでもより多くのことを見せようと、聞かせようと、職員さんたちに心遣いいただいたお陰で、本当に色々と考えを広げられそうです。本当にありがとうございました。

後輩へのひとこと

九州の魅力は、何よりも心の余裕が‘確保されるもの’ではなく‘みんなと分け合うもの’であるということを教えてくれる所だと思います!九州に来たことのない方であればこそ、是非参加してほしいです。

受入企業からのメッセージ

今回のインターンシップが、今後学びを深めるにあたり何か役に立てば幸いです。Oさんが輝ける職場に巡り合う事を願っています。