九州・山口キラリ☆ハッケン

:

地方の良さを通じて、自分が今までいた環境を見直す機会にも

インターンシップ参加者名:S・S(立教大学3年/東京都出身)

■企業情報

会社名
AIGジャパン・ホールディングス
主な事業
損害保険業・生命保険業
事業内容
損害保険事業・生命保険事業
資本金
121億円
従業員数
270名 (グループ保険会社 従業員:9583名)
売上高
4,151億6400円
設立年月日
2007年8月8日
代表者
ロバート・ノディン
本社所在地
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町MT ビル
ホームページURL
http://www.aig.co.jp/
インターンシップ プログラム内容
「業務体験を通じた、保険業界の理解」
AIGグループ各社(AIU、富士火災、アメリカンホーム、AIG富士生命)での業務体験と、グループワークを通じて、保険業界について体験的に「よくわかる」プログラムを実施。

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
保険業界およびAIG各社の仕事内容について理解を深め、将来働く際の心構えを学ぶこと。また、地方と東京の企業の違いをつかみ、Iターンが自分に合うか知ること。

1日目

実施内容 感想
オリエンテーション
AIGについて
保険業界について
ビジネスマナー
初日なので緊張していましたが、絵を使った自己紹介やお互いに意見を出し合うワークのおかげで話しやすくなりました。保険業界やAIGについて知識を得られたので、残りのインターン日への不安が薄れました。電話対応については特に不安がありましたが、練習すればできるようになると分かり安心しました。

2日目

実施内容 感想
一日目の振り返り
AIUについて
損害保険商品について
契約事項の流れ
火災の申込み体験
最終日発表の準備
保険というと営業が主だという印象を持っていましたが、今回学んで事務も大きな役割であると分かりました。「お客様に合わせた商品設計」というと考えるのが楽しそうですが、体験してみるとニーズの汲みとりや保険商品の詳細の理解が求められることに気付き、プロの方は素晴らしいと思いました。

3日目

実施内容 感想
2日目の振り返り
富士火災海上保険について
事故受付業務について
車と損害保険の基礎知識
電話受付体験
最終日発表の準備
事故受付はお客様が焦っているという話を聞いたことがあり思いやりが特に求められると思っていましたが、保険金を支払えないケースへの対応や代理店からの連絡受付もする必要があり、更に手配サービスもあるので、切り換えの速さも求められると分かりました。各自が工夫されていて、良い手本になりました。

4日目

実施内容 感想
3日目の振り返り
アメリカンホーム保険について
保険金支払い業務について
職場見学
アジャスター(保険事故の損害調査)体験学習
最終日発表の準備
アメリカンホーム保険は、お客様の年齢に合わせた保険など新しいことに色々チャレンジしてきた会社で、そのような活気のある場で働いてみたいと思いました。東日本大震災で保険金支払いの断りをする必要もあった話が印象的で、仕事の厳しさと保険の責任を知りました。

5日目

実施内容 感想
4日目の振り返り
AIG富士生命について
コールセンター業務について/職場見学
コールセンター業務体験
発表準備
発表・フィードバック
生命保険と損害保険ではお客様への対応が違うのではないかと思っていましたが、根本であるお客様に丁寧に接する姿勢は同じだと分かりました。コールセンターの仕事は実際にやってみるとスムーズに話すのが難しく、体験する事の重要さを実感しました。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

5日間のインターンシップに今回初めて参加して、保険業界や様々な会社について詳しく知ることができ、さらに出身地が違う方と話すことができたので良い機会になりました。将来仕事をする心構えができました。

後輩へのひとこと

地元から離れてインターンをする、というのはとても貴重な体験だと思います。良い仲間にめぐり会えたし、地方の良さに気付いたり、自分が今までいた環境を見直す機会にもなるので、ぜひ目標を持って参加してみてください

受入企業からのメッセージ

Sさんの積極性、また保険業界への強い興味を5日間ずっと感じました。
発表とてもよかったですよ。これからも頑張ってください。