九州・山口キラリ☆ハッケン

:

地域密着だからこそできる細やかなビジネスと人との繋がり

インターンシップ参加者名:H・U(中央大学3年/東京都出身)

■企業情報

会社名
株式会社吉村商店
主な事業
水産加工品製造
事業内容
あじ開き等の干物加工を中心に水産加工品の製造販売
資本金
1,300万円
従業員数
86名
売上高
20億円
設立年月日
1999年4月1日
代表者
代表取締役 吉村司
本社所在地
佐賀県唐津市海岸通7182-293
ホームページURL
yoshimura888.com
インターンシップ プログラム内容
水産加工品製造販売
水産加工品製造
販売業務の補佐
商品配送の補佐
報告書作成

インターンシップ実施内容

自分のテーマ
地方のビジネス、特に水産加工業の実態を学ぶ。

1日目

実施内容 感想
会社概要説明
直売店にて袋詰め、計量
直売店にて販売補佐
午前中は品質管理担当の方と工場見学を行い、製造過程や取扱商品について学びました。また品質管理(食中毒対策、アレルギー、異物混入に対する予防)の基本を研修しました。
午後は直売店で、販売の補佐を行いました。台風の影響で来客数はあまり多くなかったようです。

2日目

実施内容 感想
工場にて魚の乾燥
工場にて魚の内臓取り
1日を通して現場研修として工場で製造のお手伝いをしました。午前中は、洗浄まで終わった魚を広げて乾燥機まで運ぶ作業をし、午後は包丁を持って魚の内臓を取る作業をしました。とにかく「大変」のひとことに尽きます。現場の方々のすごさがよく分かりました。

3日目

実施内容 感想
スーパーマーケットでの店頭販売 近くのスーパーマーケットに商品を持ち込んで店頭販売の補佐を行いました。地元では有名な製造会社という認識だったので、ブースに立ち寄るお客様はある程度多いのかなと思っていましたが、声を掛けて初めてこちらを向いてくれるというのが実際でした。
原産地やオススメを聞かれることが多く、一部の商品しか食べたことのなかった私は戸惑うことがありました。自社のことを知らない方々に商品を買ってもらうためには、自分がいちばん商品のことを理解している必要があると感じました。

4日目

実施内容 感想
伝票の記帳
商談見学
福岡県のスーパーマーケット見学
午前中は事務所で事務作業のお手伝いをした後、福岡のスーパーでのバイヤーとの商談に同行しました。新商品を置いていただくお願いをしに行きましたが、すでに仲良くしているお店だったようで、スムーズに終わった印象を受けました。また、福岡のスーパー2店舗を見学し、それぞれ近い場所でもターゲットの層が異なると、違ったレイアウトで価格設定も全く違うことが分かりました。

5日目

実施内容 感想
スーパーへ配送
事務作業
スーパーに商品を配送する作業に同行しました。昨日は商談の後スーパーの在庫管理は問屋に委託するスタイルの営業でしたが、今日は商談から配送、在庫管理まで自社で行うスタイルでした。同じ会社内の営業でも担当する社員ごとにやり方がちがうということは初めて知りました。

インターンシップを終えてのまとめ・感想

5日間全く違う仕事を体験し、中小企業といえど様々な仕事があるし、たくさんの人が関わっているということが分かりました。全日程で共通していたのは、笑顔で明るくコミュニケーションを取ることです。その相手も多種多様で、例えば社員同士、工場の人、お客様、スーパー、問屋がありました。これらの人との会話を大切にすることで良好な関係を築き、仕事が円滑に進むと感じました。

後輩へのひとこと

興味が無いと思っている業種でも、いざ実際にやってみると面白いです。

受入企業からのメッセージ

現場主体のインターンだったので、色々な部分で分からない事、不安な事があったと思いますが、いつも笑顔で参加していただき助かりました。現場の温度を感じ、現場社員のスキルを体感していただけたのではないかと思います。この経験を活かして、何かが変わってくれたら嬉しいです。